2012年

11月

27日

さくらのゆかいな仲間達(=^・ェ・^= )その2~にゃんこ編~

みなさん!お待たせしました~(^O^)Maccoです♪

 

前回に続き、今回はねこちゃんのご紹介をさせていただきます☆

 

まずは… 

病院の看板猫、みーこちゃんです(*´∀`*)

 

*・'゚☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゚:*:・'゚☆

現在病院の子たちの中では一番お姉さん猫です。

今年15歳となり、動物の長寿表彰式で表彰していただきました!!

 

役職は、副院長…?院長夫人…!?

気になる人は院長に訊いてみてくださいね☆笑

 

そんなみーこ姉さんも今では隠居生活...。

 

といっても、まだまだ元気!お家ではこんなに気持ち良さそうにお昼寝してるそうです♪

みーこちゃんを見かけた人は大変ラッキーです。

 

いいコトあるかも♪(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

続いて…

ねこちゃん達の優しい指導係、トマトくんです☆

 

今年7歳になった男の子です。

 

写真でも分かるように3本足のトマちゃん...

 

小さな頃に事故に遭った状態で、病院の前に体操服のようなもので包まれて置かれていたそうです。

 

病院で保護された後はすくすくと育ち、麻痺して引きずっていた肢は手術にて無くなりましたが、今ではジャンプは誰よりも得意♪ハンディを感じさせない程です!(o^U^o)

 

また性格も温厚で優しいトマちゃんは、新しく仔猫が来たときの指導係もこなしています☆

 

最近では受付で飼い主さんに挨拶するのが大好き(´ω`*)

スリスリして可愛がってもらってます♪

 

看板猫もそろそろ交代かな??

 

 

 

 

 

 

次は…

やんちゃな天才猫、ルルちゃんです!!

この子はとても器用で、時には犬舎の扉を自分で開けて出てしまうことも(゜□゜;)

 

鍵を掛けても、人の動きを覚えてすぐに外してしまい、ドアノブだってジャンプで簡単に開けてしまいます。

 

ルルちゃんは遊ぶのだって大得意!

病院にあるものは何でも玩具にしてしまいます♪笑;

頭が良い分、人の話もよく分かっているのですが・・・まだ遊びたい気持ちを我慢するまでには至らないようです。

 

そんな、まだまだ悪戯っ子な4歳の女の子ですが、とても寂しがり屋さんなので、見かけたときは遊んであげてくださいね~(*^▽^*)

 

 

 

 

 

最後に・・・

元野良で引きこもり猫のまんたくんです(^・ω・^)  

 

一昨年の2月の寒い時期、交通事故に遭い病院に運ばれてきました。

 

初めは、処置するのにも麻酔をかけなければ触れないほど人間を警戒していたまんた。

数ヶ月は入院室に入れてたダンボールから出ようとせず、食事も排泄も人のいなくなった夜中にまとめてしているような状態でした。

少しずつ人のいる時にも食事ができるようになり、姿を見ることも多くなっていき、今は「あの野良ちゃんはどこ?」と思うくらい犬も猫も人も大好きです♪

 

触って怒らなくなるまで約1年かかりましたが、一番ご飯の催促をするのもまんた、一番ゴロゴロ甘えてくるのもまんたなんです!(T∀T)+

 

来た時から猫エイズ・猫白血病陽性の為、あまり病院で見かけることはないと思いますが、病気が発症しないよう応援してあげて下さいね!!

 

 

 

 

 

 

おまけ・・・

 

今日のさくら(u・ω・u)

今日はオゾンの自家血療法(一度採取した血液にオゾンを混ぜて酸素化させて、再び体内に入れる方法。アンチエイジング効果や免疫の調節ができます。)と狂犬病のワクチンをしてお疲れのさくらちゃんでした。

 

がんばったねぇ(´v`●)

 

先々週にバリカンで短くカットしたため、先生のTシャツ着用中デス♪

 

0 コメント

2012年

11月

06日

さくらのゆかいな仲間達(▼・ω・▼)その1~ワンコ編~

こんにちは♪はじめまして

動物看護師のMaccoです(o^U^o)ノ

 

先日11月4日に宗像地区にて「ふれあい動物広場」が行われました。

 

毎年、動物のスケッチの展示や獣医師の先生方によるお悩み相談、ワンちゃんや小動物のふれあいコーナーなど、さまざまな催しを行っておりましたが、今年は会場確保などの理由から長寿動物の表彰式のみの開催となりましたが無事終えることができました。

ご来場いただいた飼い主の皆さま、各関係者さまには深くお礼申し上げます。

 

また来年はメイトム宗像にて開催予定となっておりますので、その際はブログでお知らせしたいと思います! 

 

さて今回はさくら病院のゆかいな仲間達を紹介します。

 

まずはゴールデン・レトリーバーのさくらです。

今年の7月で12歳になりました。女の子です♪

 

里親募集により、昨年5月から新しくさくら動物病院の仲間となりました。

 

先代に病院名の由来になった、シーズーとマルチーズのMIXのさくらちゃんがいたので、この子は2代目のさくらです(*^^*)

 

病院に来たときは、腹部に腫瘍・外耳炎・肢先の皮膚炎・耳血腫(耳介に血が溜まる病気)・肥満といくつも病気がありましたが、手術も受けて今は元気いっぱい!食欲旺盛です(笑)

外耳炎・皮膚炎に関しては現在も治療中です。

 

おっとり優しくパワフルなさくらに会ったときは、ぜひ声をかけてやってくださいね☆

 

次回はさくらのゆかいな仲間達 ねこちゃん編です。

お楽しみに(´∀`)

 

 

0 コメント

2012年

5月

17日

お待たせしました。

長らくお待たせしました。 さくらです。

 

 さくら動物病院の診療は、 自然療法を中心に行っています。

自然療法といっても

ホメオパシー、ホモトキシコロジー、バッチフラワーレメディなどをメインに自然の物から作られたレメディを使って治療をしています。

 

時々漢方薬も使います。

 

症例によっては、西洋医学のお薬 抗生剤 ステロイドも併用したりします。

 

ホメオパシーとは200年以上前にドイツのハーネマン医師が作った治療法で、同じ症状を引き起こす物質を希釈 振とうして作ったレメディ(ホメオパシー薬)を患者に投与して自己治癒力を刺激して病気を治そうとする治療法です。 

 

 

何故ホメオパシーなのか、それは効果があるから使うわけで、

セミナーの時に外国の先生が言ってた、最後の最後までその子に癒しのチャンスを与えることができるということからです。

 

ホモトキシコロジー、フラワーレメディのことはまた後日にでもお話します。 

   

 

さくらスタッフ一同の気持ちです。 

 

その小さなひとみの奥から 神様が見つめていることを感じつつ、神の目に恥じないように振舞うことが精一杯の誠意であり その子に対し健康な時も病気の時も死ぬ時も優しくすることが さくらの誠意です。

 

[小児科腫瘍内科の迫先生のお言葉をお借りして]  

    

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

ということで、さくらからのお知らせです。

 

愛するあなたへ さくらからのプレゼント Rubettesもいいけど

 

このPVの雰囲気が好きなので、

 

 

 

   

  

 

 

 

 

3 コメント

さくら動物病院

福岡県福津市津屋崎4丁目13-15

TEL(0940)52-1437

さくらブログへGO!↑↑