5F

動物福祉の基本 5つの自由

 

1.飢えと渇きからの自由

 動物が、きれいな水をいつでも飲めるようになっていますか?

 動物が健康を維持するために栄養的に充分な

 食餌を与えられていますか?     

 

2.不快からの自由

 動物は、適切な環境下で飼育されていますか?

 その環境は、常に清潔な状態が維持されていますか?

 その環境には、風雪雨や炎天を避けられる屋根や

 囲いの場所はありますか?

 その環境に怪我をするような鋭利な突起物や危険物はないですか?

 

3.痛み、負傷、病気からの自由

 動物は、痛み、外傷、あるいは疾病の兆候を示していませんか?

 もしそうであれば、その状態が診療され、

 適切な治療が行われていますか?

 

4.恐怖や抑圧からの自由

 動物は恐怖や精神的苦痛(不安)や多大なストレスがかかっている

 兆候を示していませんか?そうであれば、  

 原因を確認し、的確な対応が取れていますか?

 

5.正常な行動を表現する自由

  動物が正常な行動を表現するための十分な空間・適切な環境が

 与えられていますか?

 動物がその習性に応じて群れあるいは単独で飼育されていますか?   

 

 

ヒトはどうなの? 一緒にするんじゃない! We are the best!

 

 

さくらより 愛するあなたへ

さくら動物病院

福岡県福津市津屋崎4丁目13-15

TEL(0940)52-1437

さくらブログへGO!↑↑